>

良い不動産業者を見極めるポイント

理想の住居は業者選びから!良い不動産を手に入れるコツ

頼れる不動産業者の見分け方とは?

不動産業者ってどんな仕事?

不動産業者の仕事を一言で説明すると「不動産を管理する業者」です。
では実際にどの様な内容の仕事があるか、5つの大きな区分けをご紹介します。

1つ目が「不動産仲介」
不動産業者と聞いてまず思い浮かぶ仕事だと思います。
不動産売買の際に、買い手と売り手の仲介を行います。

2つ目が「不動産販売」
その名の通り、不動産を販売する仕事です。
こちらで言う不動産は、業者自身が所有している不動産となります。

3つ目が「不動産賃貸」
上記の不動産販売と同様に、業者自身が所有している不動産を賃貸する仕事です。

4つ目が「不動産管理」
マンションやアパートなどの共有部分の点検(電灯の交換など)や大家と住人の間に入り契約などを仲介する仕事です。

5つ目が「不動産開発」
不動産業者が所有している土地にマンションや住宅を企画・開発する仕事です。

以上の通り、不動産に関する仕事のほとんどは不動産業者で行っています。

頼れる不動産業者を見極める

不動産業者は理想の住居を手に入れる為の大切なパートナーです。
住居選びに失敗しない様に、数ある不動産業者の中から良い業者を見分けるコツをご紹介します。

・店舗の外観や出している広告をチェックする
外観で見るべきポイントは「看板の場所」です。
看板が歩道や公道にはみ出している事は、基本的には法律や条例でNG行為となり、モラルが無い会社の場合があります。
また、「物件数No.1」などの広告は、不動産業者専用の物件情報サイトを共有している所がほとんどなので、あまり信用しない方が良いでしょう。

・電話で問い合わせをしてみる
実際に電話で話をしてみて、「対応が悪い」と感じた会社は避けるべきです。
また、「専門としている取引は?」と聞いて、詳細に答えてくれる会社は信頼に値すると考えて良いでしょう。
逆に「なんでも得意です」といった様に調子の良い返答をする会社は、強引に契約を進めてくる可能性がある為、気を付けましょう。


このコラムをシェアする