>

良い不動産業者を見極めるポイント

理想の住居は業者選びから!良い不動産を手に入れるコツ

不動産を売却する際のポイント

売却に向けての準備

まずは売却に必要な書類を確認しましょう。
必要な書類は「売買契約書」、「登記済権利証」、「土地測量図面」、「建築確認通知書」、「建築設計図」の5点となります。
基本的に購入時に手に入れた書類となりますので、紛失などしていないか事前に確認し、無ければ不動産会社へ相談しましょう。

次に、売却した際の相場と現在の預金額・ローン残高を確認し、本当に今売却しても問題ないかを判断しましょう。
特にローン残高は思った以上に残っているケースが多い為、注意が必要です。

売りに出す際に有利となる為の準備として「住居のメンテナンス」と「履歴書の作成」があります。
住居のメンテナンスというのは、次に住む人の事を考えて掃除や補修などを行い、清潔で美しい環境にする事です。
また、住んでいた期間に起こった情報(リフォームや増改築の記録など)を履歴書という形で残しておくと、安心して住める住居となり、より売りやすくなるでしょう。

不動産売却の流れ

不動産の売却は、不動産業者へ連絡してすぐに売却できる訳ではありません。
売却までの一連の流れを簡単にご紹介します。

1、不動産業者へ査定を依頼し、媒介契約(仲介を依頼する事)を結ぶ
査定は基本無料ですので、複数の業者へ依頼し、より良い所と契約を結びましょう。

2、売却価格を決め、売りに出す
価格は非常に大事な部分の為、自分の希望だけでなく不動産業者と相談して慎重に決めましょう。

3、売買条件の交渉に応じる
不動産会社へ購入希望者が現れた際には「購入申込書(買い付け依頼書)」が届きます。
支払方法や引渡希望日を買い手と調整の上、契約日などを決定します。

4、売買契約を結び、住居を引き渡す
お互いが条件に合意したら売買契約を結びます。契約内容を必ず確認しましょう。
契約後は買い手が立ち会いのもとで住居の最終確認を行い、引渡となります。

不安な内容は不動産業者へ相談し、トラブルにならない様にしましょう。


このコラムをシェアする